美容・健康カテゴリ記事
スポンサードリンク

徹底図解脳梗塞
脳梗塞に効くらくらくレシピ
コレステロールが高く心臓病・脳梗塞が気になる方へ
本サイトについて

脳梗塞 初期症状と前兆

脳梗塞の初期症状・前兆として、頭痛、身体の半分に力が入らない運動障害、身体の半身がしびれて漢学が鈍くなる感覚障害、物が二重に見えたり片側が見えなくなる視覚障害、舌がもつれたり言葉が出ないといった言語障害、ふらついたりめまいがするバランス感覚の障害があります。こういった症状は、ごく一時的なもので数十分くらいで落ち着くケースがほとんどなので病院に行かない人が多いです。

脳梗塞とは、急性期脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳動脈瘤と同じ脳卒中のひとつ。脳の血管に何らかの異常が起きて機能の一部が壊れてしまう病気です。

スポンサードリンク

脳梗塞 予防と原因

脳梗塞の予防には、普段の生活習慣を見直すことが大切です。脳梗塞はいわゆる生活習慣病のひとつで成人病とも言われています。生活習慣病は、日常の生活習慣を整えることで予防できるので、是非取り入れたいところ。

脳梗塞を予防するために、普段の生活習慣をみてみましょう。家族に当てはまる人がいたら、是非脳梗塞の予防に力を入れて欲しいです。まず、高血圧・糖尿病・高脂血症・心臓病の方は食事療法や運動療法など医師と相談しながら行うこと。これらは、脳梗塞の原因とも考えられるため原因を取り除くという意味でもとても大切です。

食事は、脂肪や塩分の取りすぎに注意して腹八分目を心がけること。魚の油は血栓を出来にくくする効果があるので是非メニューに取り入れるといいですね!

脳梗塞の予防のための運動は肥満を防ぎ、身体の血液を良くするためのウォーキングなど。それからタバコに含まれる有害物質は動脈硬化や血管の収縮を起こすため、禁煙が望ましいです!お酒は1日の分量を少なめに設定する!脳梗塞の予防をすることでとても健康になれそうですよね。それでも初期症状や前兆を感じたらすぐに医師に相談して下さい。初期症状が出て24時間以内の受診が大切だと言われています。

スポンサードリンク

脳梗塞の後遺症

脳梗塞になり、脳の一部が損傷した場合には、後遺症が残ると考えられます。脳梗塞の後遺症にはあらゆるパターンがあります。手足のしびれや言語障害などもそのひとつ。リハビリの提案がお医者さんからあると思うのでリハビリを毎日少しずつ行うことが理想的ですね。

リハビリには家族の支えも大きな原動力になると思います。

脳梗塞とメタボ

脳梗塞とメタボの関係は、最悪です。どちらとも生活習慣病なので脳梗塞の初期症状や前兆がある人も、メタボの人もすぐに生活習慣を見直すべきだと思います。脳梗塞は血液のつまりから発生することが多く、メタボは、血液の流れを悪くしています。メタボは単なるデブではありません。メタボから脳梗塞へとつながる危険性も考えて、すぐに予防対策や処置をして下さい。脳梗塞の初期症状に当てはまらなかったとしても、もしメタボリックシンドロームの傾向があるのなら、それは脳梗塞の初期症状だと思ってもいいのでは?とも思います。