美容・健康カテゴリ記事
スポンサードリンク

肺炎マイコプラズマとその感染症
微粒子用マスク
本サイトについて

マイコプラズマと咳の症状

マイコプラズマと咳の症状についてですが、マイコプラズマとは少し変わった病原菌のことでウィルスと細菌の中間のような病原体のことです。マイコプラズマはしつこい咳と発熱が特徴で放っておくと肺炎になりやすいといわれています。このマイコプラズマに感染したばあいに考えられる症状は、普通の風邪、中耳炎、副鼻腔炎、胸膜炎などの気道の感染など、気管支喘息の引き金になることもあるようです。稀に髄膜炎、脳炎、腎炎、溶血性貧血などの重症となる場合もあるので注意して下さい。潜伏期間は約2〜3週間ですが個人によって差があるようです。

マイコプラズマ咳の原因は、この菌に感染することです。近年は流行してるようなので、周りに感染してる人がいたら注意して下さいね。

スポンサードリンク

マイコプラズマ咳の初期症状

マイコプラズマの咳の初期症状は普通の風邪と区別が付きにくい特徴があります。咳や気管支炎、百日ぜきの症状が多いですが、比較的若者に多い肺炎の気炎菌として有名だそうです。学校や職場などの狭い範囲で感染しやすく、1〜2メートル程度の距離でうつります。なので、マイコプラズマと診断されたら登校や出勤は出来ません。完治してからにして下さい。先ほども書いたとおり潜伏期間が2〜3週間ですが、感染した人すべてが発症するというわけではありません。自然治癒が高かったり、抗体があれば発祥しないようです。大人でも子供でも、もし、普通の風邪かなと思って市販薬を飲んでみても治らなかったり、咳がひどい場合はマイコプラズマの可能性があります。迅速に病院に行き、検査して診断してもらい抗生物質なりお薬を処方してもらって下さい。

スポンサードリンク

マイコプラズマ咳の予防

マイコプラズマの咳を予防するには、鼻やのどから吸い込み感染する場合があるのでうがいをしたり、手洗いをしっかり行うことも有効とされています。感染したひとになるべく近づかないことも大切。自分が感染したら、さらに誰かに感染させてしまうかもしれないので気をつけて下さい。マイコプラズマに感染してからは1週間から10日間は感染力が強いので、特にこの期間は注意が必要です。咳が1ヶ月以上続く場合も多く、一度かかっても再度発病することもあります。マイコプラズマの免疫が出来ることはないそうです。さらに合併症を引き起こす可能性もあり、発熱(高熱)が続き嘔吐、頭痛などが見られる場合は髄膜炎が考えられます。他にも中耳炎や肝炎、尿道炎などが多く、成人よりも小児に合併症併発の頻度が高いようです。咳がひくまでは医師にみてもらう方が懸命だと思います。

またマイコプラズマに似た肺炎でクラミジア肺炎というものもあり、乳幼児に掛かりやすいとか。クラミジアというと性病を思い出してしまいますが、出産時に母体に尿道炎やクラミジア感染があったり、ペットの鳥がクラミジア菌を持っていると子供に感染しやすいそうです。

マイコプラズマ咳の検査キット

マイコプラズマ咳の検査キット【 イムノカード 】があり、検査結果は20分ほどでわかるようです。小児科にも置いてあるようなので安心ですね。

マイコプラズマの咳の治療をする際に出されるお薬は、クラリス、ジスロマック、クラビットです。セフェムという抗生物質は効かないようなので処方された薬を確認にして下さい。